文字サイズ

サニブラデビューのリレー侍「安全バトン」で3位通過!決勝は「攻めて」あるぞ金!

 「陸上・世界選手権」(4日、ドーハ)

 男子400メートルリレー予選が行われ、日本は1走小池祐貴(24)=住友電工=、2走白石黄良々(23)=セレスポ=、3走桐生祥秀(23)=日本生命=、4走サニブラウン・ハキーム(20)=米フロリダ大=で今季ベストタイとなる37秒78をマークし、2組2位で5日(日本時間6日未明)に行われる決勝進出を決めた。

 アンカーに新エースを据えての“試し切り”で、上々の切れ味を披露した。1走小池、2走白石、3走桐生まで順調に上位争いを繰り広げると、リレー侍デビューとなったアンカーのサニブラウンもやや詰まる形となったが桐生からきっちりバトンを受け取り、疾走。自己ベストを0秒59も詰め、アフリカ記録を樹立した南アフリカには届かなかったが、今季ベストタイとなる37秒78の2位で2大会連続メダルの期待が懸かる決勝の舞台に駒を進めた。

 初融合を果たしたサニブラウンは「新鮮味があった。しっかり繋いでくれる安心感があるので、比較的リラックスして走れたのがよかった」と、充実した表情を浮かべた。小池は「全区間だいたい安全バトンでいった」と、予選は通過を前提にそれほど攻めたバトンリレーではなかったことを明かした。

 決勝では悲願の金メダルの期待が懸かる。決勝進出8チーム中7チームが予選で37秒台を記録した史上稀にみるハイレベル決戦。前回大会覇者の英国、予選で先着を許した南アフリカに加え、自己記録を更新してきた中国、予選で明らかなバトンミスがあったものの、100メートル王者のコールマン、銀メダルのガトリン、予選では温存された200メートル王者のライルズというスーパースター軍団の米国と難敵が揃う。ただ、日本も初めて自己ベストの9秒台3人の史上最強布陣。桐生が「このままでは勝てない。しっかりと攻めたバトンで走りたい」と話せば、サニブラウンも「決勝はもっといける。メダルも見える」と、力を込めた。来年の東京五輪前哨戦。侍たちが世界を斬り伏せる。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      スポーツ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(スポーツ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス