文字サイズ

サニブラウン「何も感じず怖い」揺らがぬ心、大仕事の予感漂う 余裕の3着で準決へ

男子100メートル予選 10秒09の6組3着で準決勝進出を決めたサニブラウン・ハキーム(右端)=ドーハ(共同)
3枚

 「陸上・世界選手権」(27日、ドーハ)

 男子100メートル予選が行われ、日本記録保持者のサニブラウン・ハキーム(20)=米フロリダ大=は10秒09の6組3位で準決勝進出を決めた。前日本記録保持者の桐生祥秀(23)=日本生命=が10秒18の4組4位、日本歴代2位9秒98を持つ小池祐貴(24)=住友電工=は10秒21の5組4位ながら、タイムにより予選突破を決めた。

 結果は3位での通過。それでも日本人初のファイナリストへ、十分に可能性を感じさせる走りだった。課題のスタートでは遅れたが、力強く加速。今季世界1位で優勝候補大本命のコールマン(米国)は離されたものの、横を確認しながら余力タップリにフィニッシュした。「あまり何も考えずに、予選はとりあえず通ればいいかなと思っていた。適当に走ったわりにはよかった」。コールマンの存在にも「スタートは速いと思ったので、気にせずいないものだと思って走った。強いなと思う。ただ、決勝で引けをとらずに自分の持ち味を出せれば」と、涼しげな表情で振り返った。

 2年前のロンドン大会では準決勝でスタート直後にバランスを崩し、決勝進出を逃した。その後、2年間、フロリダ大で研鑽を積み、2年前10秒05だった自己ベストは、日本記録の9秒97まで伸ばした。会見では言い放ったのは「優勝する勢いで」という頂点まで見据えた目標。予選、準決勝はもはや通過点でしかない。

 競争の激しい米国に身を置き、戦う中で心は良い意味で鈍感となった。この日、予選を終えて言った。「何も感じなくなってて怖いですね」。スイッチが入るのはここから。「決勝にいけば緊張すると思う。準決勝でもう1段階上げて、決勝でいい走りをしたい。しっかり集中していきたい」。28日の準決勝では再びコールマン、9秒96を持つブラウン(カナダ)らと激突する。各組上位2人とそれを除くタイム上位2人が決勝に進出。ギアを上げ、歴史の扉をこじ開ける。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      スポーツ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(スポーツ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス