文字サイズ

川内辞退で波紋 他の有力選手も辞退か

ナショナルチームについてもの申した川内優輝
1枚拡大

 日本陸上連盟が昨年設立したマラソンナショナルチーム(NT)の今年度のメンバーから、アジア大会銅メダルで資格を満たしていた“最強公務員ランナー”の川内優輝(28)=埼玉県庁=が辞退したことが29日、分かった。

 NTメンバーは当初17日に発表される予定だったが、対象選手との合意に時間を要し、先延ばしにされていた。メンバーはすでに承認されており、来月にも発表されるが、その他の有力選手も辞退している模様。昨年から始まったNT制度だったが、わずか1年で形骸化。今後の選考に波紋を広げそうだ。

 日本陸連は先月、マラソンのリオデジャネイロ五輪代表選考でNTメンバーから優先的に選ぶとしてきたこれまでの原則を撤廃。これに対し、今月、埼玉県選手権に出場した際、川内は「(方針を)コロコロ変えるのはどうか。リオで失敗して、東京に向けてというのなら分かるけど。優遇がないと辞退する選手はいっぱい出てくると思う」と疑問を呈し、「実業団の選手なら(NT合宿の行われる)国内じゃなく、サンモリッツ(スイス)やボルダー(米国)で高地合宿したいだろうし、自分も(NT合宿があると)個人の合宿が組めなくなる。無理してでも(NTに)入りたい理由はなくなる」と持論を述べて、自身のメンバー入りについて態度を保留していた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス