文字サイズ

服部勇馬2位で五輪出場権獲得!“対抗馬”が末脚で“大本命”差した

 「マラソン・グランドチャンピオンシップ」(15日、明治神宮外苑発着)

 大激戦となった男子は、伏兵の中村匠吾(27)=富士通=が2時間11分28秒で歴史的一戦を制した。“4強の一角”だった18年福岡国際マラソン覇者の服部勇馬(25)=トヨタ自動車=が8秒差の2位となった。女子は最初にMGC切符をつかんだ前田穂南(23)=天満屋=が中盤から独走し、2時間25分15秒で優勝。16年リオデジャネイロ五輪トラック代表の鈴木亜由子(27)=日本郵政グループ=が2位に入った。男女とも上位2人が東京五輪代表に内定した。

 勇猛な対抗馬が大本命の日本記録保持者を差した。40キロ過ぎの三つどもえのガチンコ勝負。3番手で追う服部は、目の前の大迫がこっちを振り返っているのを見て勝機を確信した。「結構キツいんだろうなと。(自分は)足が残っている自信があった」。42キロ手前で抜き去ったが、「入れ替わったところは覚えていない」という無我夢中のスパートで五輪切符をもぎ取った。

 時代の変わり目はベッドの上にいた。4月下旬に虫垂炎を発症して入院、手術。「令和初日に退院しました」。新元号ではいきなり10日間ジョギングもできず、調整スケジュールは狂ったが、遅れを取り戻すために課題克服に取り組んだ。

 元々はレース終盤、上り坂は苦手。MGCに向けては30キロ走の後に愛知県田原市・蔵王山の登り道を繰り返し走った。菅平での高地合宿でも40キロ走の翌日に麓から山頂に向けて駆け上がるメニューを敢行。「箱根駅伝の5区並に走った」と“山の神”特訓で強じんな末脚をつくりあげた。

 「大学生の時に東京五輪(招致)が決まり、その舞台に立ちたいと思ってマラソンを始めたが、そのスタートラインに立てることがうれしい」。箱根駅伝のエースとして脚光を浴びてきた「プリンス」だが、泥くさく努力で培った馬力で勝負する。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      スポーツ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(スポーツ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス