文字サイズ

設楽悠太 大逃げ失敗14位…中間地点過ぎ失速も後悔は「ない」

 「マラソン・グランドチャンピオンシップ」(15日、明治神宮外苑発着)

 2020年東京五輪の男女マラソン日本代表選考会が行われた。上位2人が代表に内定する中、優勝候補の筆頭と見られていた日本記録保持者の大迫傑(28)=ナイキ=は優勝した中村匠吾(27)=富士通、2位の服部勇馬(25)=トヨタ自動車=との終盤の競り合いに敗れ、3位に終わり内定ならず。残り1枠は、来年3月までの「ファイナルチャレンジ」の結果に委ねられることになった。同じく有力候補だった前日本記録保持者の設楽悠太(27)=ホンダ=はスタートから果敢な“大逃げ”を打ったが、失速し14位に終わった。

 この日の主役になるはずだった。設楽は予告通りスタートからぶっ飛ばし、2位集団を大きく引き離して独走。最後まで大逃げする勢いだったが、思い描いていた“悠々1人旅プラン”は気温の上昇と共に雲行きが怪しくなる。「25キロくらいから(キツくなった)」。一時は後続に2分以上の差をつけていたが、中間地点を過ぎて大幅にペースダウン。37キロ過ぎに2位集団につかまり抜かれると、ついていく余力は残されていなかった。

 最終的には14位と玉砕したものの、劇的なレースの起爆剤となった。夏マラソンの恐ろしさを見誤った形となったが、レースプランに後悔はないか聞かれると「ないです」と即答。偉大なる敗者は下を向かなかった。

 残されたチャンスで五輪切符を狙うには、今後の対象大会で派遣標準記録2時間5分49秒を切るしかない。「今は考えたくない。休みたい」と出し尽くした様子だったが、2時間6分11秒の前日本記録保持者にとって不可能な数字ではない。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      スポーツ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(スポーツ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス