文字サイズ

鈴木亜由子“笑顔”の2位 五輪内定「素直にうれしい」

 「マラソン・グランドチャンピオンシップ」(15日、明治神宮外苑発着)

 大激戦となった男子は、伏兵の中村匠吾(27)=富士通=が2時間11分28秒で歴史的一戦を制した。“4強の一角”だった18年福岡国際マラソン覇者の服部勇馬(25)=トヨタ自動車=が8秒差の2位となった。女子は最初にMGC切符をつかんだ前田穂南(23)=天満屋=が中盤から独走し、2時間25分15秒で優勝。16年リオデジャネイロ五輪トラック代表の鈴木亜由子(27)=日本郵政グループ=が2位に入った。男女とも上位2人が東京五輪代表に内定した。

 固まる足を懸命に動かした。ゴールが視界に入ると鈴木はサングラスを外し“笑顔”。「私、苦しくなると口角が上がるんです。笑っている時は苦しいんだなと思って」とレース後“弁明”したが、さわやかな表情でゴールテープを切った。

 2度目のマラソンで大仕事を果たし「率直によかった」と安ど。一方、2位という結果を「力不足」とも受け止めた。序盤から想定以上にハイペースな展開が続き「かなり後半苦しくて、課題が残った」。40キロで33秒差だった小原に4秒差まで迫られ「マラソンの怖さを知った。本当に足が動かなくなるんだなって」と振り返った。

 「いい経験をした」と冷静に語った高橋監督も、今後へ向け「故障のリスクも覚悟で厳しい練習をしていく」と言う。「やっぱり練習がモノをいう。今回はこういうレースに対応できる練習じゃなかった。サバイバルレースを勝ち抜く強い精神力と体を、1年弱でしっかり作りたい」と鈴木。苦しかった42・195キロを糧に、来年は心からの笑顔でゴールを駆け抜ける。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      スポーツ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(スポーツ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス