文字サイズ

瀬古リーダーMGCを振り返る 男女ともに辛口評

 「マラソン・グランドチャンピオンシップ」(15日、明治神宮外苑発着)

 大激戦となった男子は、伏兵の中村匠吾(27)=富士通=が2時間11分28秒で歴史的一戦を制した。“4強の一角”だった18年福岡国際マラソン覇者の服部勇馬(25)=トヨタ自動車=が8秒差の2位となった。女子は最初にMGC切符をつかんだ前田穂南(23)=天満屋=が中盤から独走し、2時間25分15秒で優勝。16年リオデジャネイロ五輪トラック代表の鈴木亜由子(27)=日本郵政グループ=が2位に入った。男女とも上位2人が東京五輪代表に内定した。

 日本陸連の瀬古利彦マラソン強化戦略プロジェクトリーダー(63)が、レースへの評価とともに、東京五輪に向けた注文もつけた。

 中村について「最後の2・195キロは6分18秒。こういう“上がり”をしてくれれば五輪でも通用するのでは」とした一方で「五輪はマークされる。心も鍛えてほしい。今回はたまたま勝ったと思う」と辛口評も。途中から前田が独走した女子に関しては「あのまま逃がしてはいけない。まだまだ女子はレベルが低い」と断じた。

 最初から飛び出した設楽に対しては「勇気と走りに敬意を…」と賛辞を送り、今後の指定大会出場への判断が迫られる大迫については「ぼくなら待つ。例えば(来年3月の)東京で走って、五輪で走れるかというと厳しい」と案じた。

 また、今後も代表選考で“一発選考”を導入するかについて、尾県貢専務理事は「どういう形でこの要素を継承するかについては検討したい」と語った。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      スポーツ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(スポーツ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス