文字サイズ

八村塁「MJって誰だ?」マイケル・ジョーダン氏から電話「センキュー」しか言えず

 バスケットボール日本代表の八村塁(21)=ウィザーズ=が16日、都内で行われた自身が契約する「ジョーダン・ブランド」のトークショーに参加し、契約に向けた打ち合わせ中に“神様”マイケル・ジョーダン氏(56)と電話したことを明かした。

 関係者から渡された携帯画面にあったのは「MJ」の文字。「MJって誰だ?」。頭は混乱した。「あのMJ?」と尋ねると「早く出て」と促されたという。聞こえてきたのは「Welcome to Jordan family」との“肉声”。「思い出すと鳥肌が立つくらい。いろいろ言ってくれたけど、ずっとセンキューしか言えなかった」と苦笑いで振り返った。

 10月のNBA開幕へ楽しみなことを問われると、いの一番に「勉強しないでバスケだけなのが」と挙げた八村。会場は笑いに包まれたが、文武両道でなければプレーが許されない米国の大学生活はそれほど厳しかったようで「本当に大変でした」と熱っぽく語った。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      スポーツ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(スポーツ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス