文字サイズ

トライアスロン五輪テスト大会 暑さでコース短縮 熱中症疑いで選手搬送も

 日本勢最高の23位に入った高橋侑子
2枚

 「トライアスロン・東京五輪予選」(15日、お台場海浜公園)

 東京五輪のテスト大会も兼ねて第1日は女子が行われたが、暑さによる選手の安全を考慮し、大会の実行委員会は当日になって通常10キロ(4周)のランを5キロ(2周)に短縮した。ランが得意な日本勢にとっては不利な状況となり、高橋侑子(富士通)の23位が最高。それでも水温、気温ともに30度を超える厳しいコンディションとなり、19位のフランス選手がゴール後に腹痛を訴え、熱中症の疑いで病院に搬送されたという。

 午前7時半スタートで、6時時点での気温は28・5度で、水温は30・3度(大会発表)。スイム(1500メートル)、バイク(40キロ)の後、ランに入る9時頃には日も高く昇り、厳しい暑さの中でのレースとなった。

 実行委員会はスタート4時間前の午前3時半にミーティングを行い、気象予測データなどを参照して、コース短縮を判断したという。実行委員の国際連合(ITU)関係者は「ランに入る前に32度になる予測があったので、距離を半分にした」と説明した。

 トライアスロンはタイムで競う記録競技ではなく着順で争う競技性で、環境によってはコースの短縮もあり得るといい、来年7月27日から行われる東京五輪でも距離短縮の可能性はあるという。日本連合の大塚真一郎専務理事はランの短縮について「珍しいこと」としながらも、「1秒を争う競技とは違うので、我々としては違和感はない」と話した。

 アイスバスを多く設置するなどの暑さ対策を講じたものの、厳しい暑さの中でのレースとなったことについては大会側も苦慮している様子。今回のテスト大会を経て、スタート時間をさらに早めることを東京五輪組織委員会に提案する見込みだという。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      スポーツ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(スポーツ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス