文字サイズ

大橋9位、大本5位で準決へ ライバルのホッスーは予選から驚がくタイム

女子200メートル個人メドレー予選 大橋悠依の平泳ぎ=光州(共同)
2枚

 「競泳・世界選手権」(21日、光州)

 競泳競技が始まり、女子200メートル個人メドレー予選は、前回銀メダルの大橋悠依(23)=イトマン東進=が2分11秒09の全体9位、大本里佳(22)=イトマン=が2分10秒50の全体5位で夜の準決勝に駒を進めた。リオ五輪3冠のカティンカ・ホッスー(ハンガリー)は2分7秒02の好タイムで、圧巻の首位通過を果たした。

 大橋は「落ち着いてレースができた。自分のペースを守ることを心がけた」と冷静なレースを展開。予選からホッスーが自身の自己ベスト(日本記録の2分7秒91)を上回る驚がくのタイムで泳いだことについては「いやぁ…すごいなと思いました」と苦笑いだった。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      スポーツ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(スポーツ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス