文字サイズ

サニブラウン優勝の男子100メートル決勝 NHK生中継は16・5%の高視聴率

 10秒02をマークしたサニブラウン(右)と2位の桐生祥秀(中央)、小池祐貴=6月28日
1枚拡大

 6月28日にNHK総合で生中継された「日本陸上選手権」(後7・48)の平均視聴率が、関東地区で16・5%の高視聴率を記録したことが7月1日、分かった。関西地区でも15・6%だった。

 男子100メートル決勝に出場したサニブラウン・ハキーム(20)=米フロリダ大=が、10秒02の大会記録で2年ぶり2度目の優勝。9秒台こそ出なかったが、世間の注目が集まった。

 サニブラウンが男子200メートルを優勝した6月30日の中継(後5・16)は、関東地区で13・3%(関西地区10・2%)。男子200メートル予選が行われた29日の中継(後4・45)は、関東地区で10・7%(関西地区8・1%)だった。(数字はビデオリサーチ日報調べ)

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス