文字サイズ

川井梨、伊調に雪辱V 妹Vに勇気もらい攻めた 世界切符決着は7・6プレーオフ

 川井梨紗子(右)に敗れ、ぼう然とする伊調馨(撮影・中田匡峻)
3枚

 「レスリング・全日本選抜選手権」(16日、駒沢体育館)

 世界選手権(9月、カザフスタン・アスタナ)の代表選考会を兼ねて行われ、女子57キロ級決勝で、五輪4連覇の全日本女王、伊調馨(35)=ALSOK=は、リオデジャネイロ五輪63キロ級金メダリストの川井梨紗子(24)=ジャパンビバレッジ=に4-6で敗れた。伊調は7月6日のプレーオフ(埼玉県和光市)で川井梨と再戦。勝った方が、東京五輪代表へとつながっていく世界選手権代表をかけた大一番に臨む。

 五輪4連覇の女王の猛追をかわした川井梨は力強く拳を握った。「(試合は)無我夢中であまり覚えていない。絶対攻めようと思っていた」。激しい6分間の攻防で、一瞬たりとも逃げなかった。

 昨年末の全日本選手権決勝で伊調に敗戦。「攻める勇気が出ないまま終わった」と後悔だけが残った。かつてないほど落ち込み、妹の友香子(21)=至学館大=には「練習行きたくない」とこぼした時もあった。それでもマットに立ち続けた。逃げた自分と葛藤した。周囲の前向きな言葉に背中を押され、徐々に「攻めたら絶対大丈夫。負けたくない」と思えるようになった。

 15日に妹が62キロ級で代表内定。「プレッシャーではなく勇気になった」。姉の強さを見せたかった。セコンドで見守った友香子も「2人で金メダルはうれしい」と喜んだ。

 「ずっと目標は変わってない。姉妹で五輪」と川井梨。決戦は7月6日のプレーオフ。「終わってすぐはうれしかったけど、もう1つ勝たないと意味がない」。2人の夢をかなえるため、歓喜はまだ封印する。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      スポーツ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(スポーツ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス