文字サイズ

羽生結弦「SEIMEI」ポーズ決めた モニュメントデザイン発表式に登場

フィギュアスケートモニュメントデザイン発表式でポーズを決める羽生結弦(撮影・開出牧)
3枚

 フィギュアスケートのモニュメントデザイン発表式が20日、仙台市内で開催され、ソチ、平昌五輪金メダリストの羽生結弦(24)=ANA=が出席した。羽生は黒のスーツ姿で登場。郡和子市長らから「おかえりなさい」と迎えられ、穏やかな笑顔を浮かべた。

 多くの関係者やファンに対して感謝の言葉を述べた上で、羽生は「荒川さんの隣に自分が2人並ぶのはとても恐縮ですが、2連覇したんだなと思うと、とても感慨深い思い」などとあいさつ。モニュメントと同じ「SEIMEI」のポーズを決め、会場を沸かせた。

 モニュメントは、仙台市地下鉄国際センター駅南側広場に4月29日に設置される予定で、縦230センチ、横160センチ。17年には、トリノ五輪を制した荒川静香さんのモニュメントとともに、ソチ五輪制覇のモニュメントが同駅に設置されていた。この日の発表式には、応募総数20113件から抽選で選ばれた約700名(関係者含む)が参加した。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス