文字サイズ

川内優輝、ボストン17位で「93回連続トップ20」100回連続目指し「あと7回死守」

川内優輝
1枚拡大

 ボストンマラソンで17位となった川内優輝(あいおいニッセイ同和損保)が16日、ツイッターを更新。今回のボストンで93回連続トップ20入りとなったと報告し、100回連続トップ20入りを目指す意気込みをつぶやいた。

 川内は昨年覇者としてボストンマラソンに凱旋するも、2時間15分29秒で17位に終わった。レース後はプロ転向後開設したツイッターで、レース状況や心境、敗因などについて詳細に報告。またレース後に参加したアフターパーティーの様子もつぶやき、日本人選手はあまりアフターパーティーに参加していないことにも触れ「同じ競技で戦う相手のことを知らないよりは、知っている方がいいと思います」など持論を述べた。

 そして続くツイッターで「今回で93回連続マラソンでトップ20となりました」と報告。「今日や昨年のシカゴや世界陸上など危ないレースも過去には多々ありましたが、100回連続マラソンでトップ20の選手は聞いたことがないので、その境地を目指して、あと7回死守できるように頑張りたいと思います」と、前人未到の100レース連続トップ20入りを目指すと誓っていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス