文字サイズ

白鵬を事情聴取 千秋楽での三本締めに苦言「活躍しても数字だけで終わってしまう」

 日本相撲協会は28日、東京・両国国技館で理事会を開き、春場所千秋楽の優勝インタビューで三本締めを行った横綱白鵬(34)=宮城野=と師匠の宮城野親方(元前頭竹葉山)を呼び、事情聴取した。大相撲は最後に「神送りの儀式」が行われ、場所が終わるのが伝統。横綱審議委員会から「そういうことをやる立場なのか」と苦言を呈されていた。

 今後は、昨年12月に発足したコンプライアンス(法令順守)委員会で処分の可否が検討される。理事会で白鵬は「平成最後と言われ盛り上げようと思って締めた」と釈明した。

 白鵬は17年九州場所の優勝インタビューで万歳三唱し、厳重注意処分を受けた。春場所で前人未到42回目の優勝を果たした大横綱だが、理事会では「活躍しても数字だけで終わってしまう」と品格を問う厳しい意見も出た。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      スポーツ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(スポーツ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス