文字サイズ

川内優輝が照れながら結婚語る 「いい奥さんを見つけられたかな」

公務員ラストランを終え、会見する川内優輝=久喜市総合運動公園
2枚

  「久喜マラソン」(24日、久喜市総合運動公園)

 4月にプロランナーに転向する川内優輝(32)=埼玉県庁=が公務員としてラストランに臨んだ。地元久喜市で行われたお馴染みの大会に出場。毎年川内がコスプレ姿で走ることが話題となっているが、今年は忍者姿でハーフマラソンを走った。最後は3番手争いでデッドヒートを繰り広げ、胸の差で制した。タイムは1時間8分52秒だった。

 5月に実業団のデンソーで活躍した水口侑子(33)と結婚することが明らかになっている川内。レース中には沿道から「結婚おめでとう!」と祝福の声がとんだ。レース後は会見し、結婚についても語った。「初めて会ったのは10年前のニューカレドニアのレース。私はその時、大学3年生の時の日本学生ハーフマラソンで6番になって入りまして、上位5人が全員箱根駅伝の合宿があるといって、辞退したので、私のところまで回ってきまして。彼女は日本学生女子ハーフマラソンで優勝して。その時に出会った」と、運命の糸の始まりを明かし、「その時は付き合ったりはなくて、連絡も取り合ってなかったんですけど、(初めて日本代表入りを決めた)2011年の東京マラソンの時に急にメールがきて、連絡が復活して。メールとかをやるようになって、数年前ぐらいから」と、なれそめを語った。

 かつて「1キロ5分ペースで20キロ走れる恋人を見つけたい」と話していたが、「1キロ3分20秒で20キロまでは走れる。そうした意味ではいい奥さんを見つけられたなと思う」と、笑顔で話した。

 お相手の印象については「真面目で努力していたし、競技に対して真剣だった。私が『そこまで真剣にやらない方がいいよ』って言うほど、真剣に頑張っていた。競技に対する姿勢に惹かれるものがあった」。1年前から結婚に向けて準備をしてきたそうで、プロポーズの言葉については「そこはちょっと、恥ずかしい・・・」と、頬を赤らめて秘密に。最高の伴侶を得て「1人で戦うよりは、周りのライバルの選手は、大迫選手とか佐々木選手とか中本選手とか結婚されて強くなっているので、そうした中で私も力に変えて頑張っていきたい。親子で家族で走れる家庭になれば」と、将来を見据えた。

 公務員という世を忍ぶ仮の姿を脱ぎ捨て、最愛のパートナーとともに、ランナーとして生きていく。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      スポーツ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(スポーツ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス