文字サイズ

結婚判明の川内優輝、世間の反響に驚く「私が一般人であることはやっぱり無理があった」

結婚が明らかになって一夜明け、自転車で元気に出勤する川内優輝
1枚拡大

 公務員ランナーとして名を馳せ、4月にプロに転向し、5月には結婚することが判明した川内優輝(32)=埼玉県庁=が12日、埼玉県久喜市内の高校に出勤した。お相手は10日の名古屋ウィメンズマラソンで現役引退した水口侑子(33)=デンソー=。新元号となる5月に婚姻届を提出し、挙式もする。

 秋には代表入りが確実な世界選手権(ドーハ)も控える中、ついに人生の伴侶を得た川内は、結婚が明らかになったこの日も自転車で元気に出勤。問いかけに照れ笑いを浮かべつつ、まだ公務員の身ながら、世間からの大きな反響に「(自分は)一般人なのに、こうなるとは…。私が一般人であることはやっぱり無理があった。だからプロになります」と、改めて自らの立ち位置を実感した様子だった。

 お相手や思い描く家庭像については「それはまたおいおいで」とだけ話し、高校での業務に向かった。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス