文字サイズ

萩野公介が合宿参加取りやめ「ペースを落とすことも必要」平井コーチが説明

取材に応じる日本代表の平井伯昌ヘッドコーチ
1枚拡大

 競泳の16年リオ五輪男子400メートル個人メドレー金メダリスト萩野公介(24)=ブリヂストン=が19日からスペインで行う高地合宿の参加を回避したことについて、平井伯昌コーチ(55)が同日、出発前の成田空港で取材に応じた。電話などで本人と相談した結果、「1回ペースを落とすことも彼には必要じゃないかと。国内で練習を頑張るとなりました」と説明した。

 萩野は16日のコナミオープンで400メートル個人メドレーに出場したものの、予選が4分23秒66。自身が持つ日本記録より17秒も遅いタイムに終わり、決勝を棄権した。その後体調不良を訴え、病院へ行ったが、異常はないとされていた。

 「色々本人の中でも思い悩むところがあって。スペインに行ってしっかり予定通りトレーニングをしたいという気持ちと、迷っているところがあった。ちょっとゆっくりしたい自分がいるみたいなところと」と平井コーチ。合宿に遅れて合流する予定はなく、今後は国内でじっくり調整するという。

 今季の最大の照準は7月の世界選手権(韓国・光州)。ここで金メダルを獲得すれば、東京五輪代表に内定する。その代表選考会となるのが4月の日本選手権(辰巳)だ。4月へ向けた合宿を回避することで、調整は大幅な変更を余儀なくされるが「連絡をこちらからも密に取るようにして、海外からでもフォローできれば」と平井コーチ。「国内で自分を見つめ直して、自分で自力を高めることに期待したい」と話した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス