文字サイズ

貴景勝が初宣言“準ご当所”で「大関になる」

 大相撲の関脇貴景勝(22)=千賀ノ浦=が6日、大関とりに挑む春場所(3月10日初日、エディオンアリーナ大阪)に向け、都内の部屋で稽古を再開した。「大関になる」と初めて宣言。“準ご当所”の大阪で昇進を決める決意をみなぎらせた。

 相撲同様、正面から真っ向ぶち当たる。「大関」の2文字をあえて公言。「今までは『次の番付』とかの呼び方で『大関』と具体的に言わなかったけど、この場所で決まるから。プレッシャーが強ければ強いほどいいタイプ。意識して。来場所、すごい大事」。自身に重圧をかけ、乗り越えてこそ胸を張れる。

 昨年秋場所で9勝、同九州場所で13勝を挙げて初優勝。先場所は11勝を挙げた。三役で3場所計33勝と大関昇進の目安に達しながら、昇進は持ち越された。春場所のノルマは2桁勝利以上と明確だ。

 大阪は過去も運命を握ってきた。空手に打ち込んだ幼少期、全国大会決勝で不可解判定により敗れたことを機に相撲へ転身した。プロ入り後は十両昇進を決め、初三賞を獲得。一方で昨年は右足を痛め、初の休場を経験した。

 「転機となる場所はいつも大阪。昨年はケガして最悪と思ったけど、見つめ直す期間となった。(今回も)いい転機となれば」。22歳、大関への道はきっちり描けている。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      スポーツ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(スポーツ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス