文字サイズ

錦織、ジョコ撃破へ 相性以上に気掛かりな疲労度の違い 合計試合時間は4時間差

 「テニス・全豪オープン」(メルボルン)

 5時間超に及ぶ死闘の末に4回戦を勝利し、グランドスラム通算10度目の8強入りを果たした錦織圭(29)=日清食品=は、23日の準々決勝で、第1シード、同1位のノバク・ジョコビッチ(31)=セルビア=と対戦する。

 両者の対戦は錦織の2勝15敗。準優勝した14年の全米オープン準決勝で勝利したのを最後に14連敗中(棄権は除く)となっている。ただ、今回に関しては相性以上に気掛かりなのが、両者の圧倒的な消耗度の違いだ。

 錦織はここまで1回戦のマイクシャク戦が2時間48分、2回戦のカロビッチ戦が3時間48分、3回戦のソウザ戦こそストレート勝ちで2時間6分だったが、4回戦のカレノブスタ戦は死闘中の死闘となり5時間5分。3度のフルセットを経験し、今大会の合計プレー時間はすでに13時間47分に及んでいる。

 一方のジョコビッチはここまでフルセットはなく、1回戦2時間3分、2回戦2時間4分、3回戦2時間22分、4回戦のメドベージェフ戦でようやく3時間を超える3時間15分だったが、合計プレー時間は9時間44分。錦織とはなんと4時間以上。通常の1試合分以上の差がついてしまっている。

 ともに中1日で迎える準々決勝。4回戦後、「とりあえずリカバリーして…。それが先決。プレーはいいので体を戻して次に臨みたい」と話していた錦織。逆境と最大の“壁”を乗り越え、全豪初の4強入りを成し遂げられるか。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      スポーツ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(スポーツ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス