文字サイズ

池江璃花子が豪州合宿へ“日焼けは嫌”乙女心も「どうせ焼けるなら泳いで焼く」

 競泳女子の池江璃花子(18)=ルネサンス=が18日、2年連続となる豪州合宿を前に羽田空港で取材に応じた。現地では17年世界選手権100メートルバタフライ銀メダリストのエマ・マキオン(豪州)らと練習。「海外での合宿は毎回毎回いい影響をもらって帰ってこれている。今回もいい刺激をたくさんもらって帰ってきたい」と、意気込んだ。

 今回の豪州、3月のグアム合宿と暖かい地域の屋外プールで調整していく。三木コーチからは「太陽を浴びながら泳ぐとスプリント力が上がる」と言われているそうで、池江は「本当かどうかは分からないけど」と笑いながら「割と言われたことは信じる方なので。それを信じて頑張りたい」と、力を込めた。「ちょっと焼きたくはないので、できれば避けたいですけど」と乙女心を覗かせつつ、「どうせ焼けるなら一生懸命泳いで焼いて帰ってきたい」と、覚悟を決めたように話した。

 現在、夏の豪州は異常気象に見舞われており、連日40度を超える気温が記録されている。「すごく暑いみたいなので、体調を崩さないようにしないと」と、気を引き締めていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      スポーツ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(スポーツ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス