文字サイズ

宇野昌磨、強行出場の理由は「僕の生き方」 樋口コーチは安堵も「いい加減に」

会見する宇野昌磨=東和薬品ラクタブドーム(撮影・北村雅宏)
2枚

 「フィギュアスケート・全日本選手権」(24日、東和薬品ラクタブドーム)

 男子フリーが行われ、右足首の状態が不安視されていたSP首位の宇野昌磨(トヨタ自動車)がフリー187・04点、合計289・10点で3連覇を達成した。負傷については、SPが行われた22日の朝、ウォームアップ時に捻挫をしたと明かし、当初は「歩くことも難しかった」と告白。治療を受ける中で選手生命に関わるけがではないと判断し、強行出場したと振り返った。

 逆境を乗り越えての3連覇だった。宇野はSPが行われた22日、公式練習前のウォーミングアップ中に右足首をねんざした。SPでは気迫溢れる演技で首位に立ったが、夜には痛みで歩けなくなった。フリー前日は完全休養し、病院での診察結果は右足首のねんざ。「選手生命に響くことはない」とは言われたとはいえ、周囲は棄権を提案した。

 だが、宇野は決して首を縦には振らなかった。「どうしてそこまで出たいの?」。そう聞いた樋口美穂子コーチに、宇野は言った。「僕の生き方です」-。生き方とは?と問われると「僕はどんな試合でも休みたくない。簡単にいえば、プライドですかね。陸上で歩けるなら、無理してでも出たい」と、続けた。

 アクシデントを抱えた中で、初めて今季のテーマである「自分を信じる」ことができた演技だった。「何も不安がないと、自分の調子に不安を持ってしまう。怪我をしたからこそ自分の演技を信じられた。ある意味、この怪我に感謝したい」。

 ただ、周囲は冷や冷やもの。樋口コーチは大会後、「ホッとしました。後に響いたらどうしようという思いもあった」と、胸をなで下ろした。そして、一言。「ホッとしたというのと、う~ん、いい加減にしろ、という思いもあります」と、本音を吐露した。

 逆境を乗り越え、殻を破った宇野の次なる照準は、来年3月の世界選手権(さいたま)。宇野は目下、主要国際大会(五輪、世界選手権、GPファイナル)で6大会連続の2位となっている。「2位が続いてる。1位になるために自分を信じて戦いたい」と、頂点を見据えた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス