文字サイズ

紀平梨花、3A不発0点でも2位発進「しっかり切り替えて」フリーで逆転狙う

女子SPで2位になった紀平梨花の演技=グルノーブル(共同)
3枚

 「フィギュアスケート・フランス杯」(23日、グルノーブル)

 女子ショートプログラム(SP)が行われ、日本の三原舞依(19)=シスメックス=が67・95点で首位に立った。NHK杯を制している紀平梨花(16)=関大KFSC=は、冒頭のトリプルアクセル(3回転半)が1回転半になり、67・64点で2位。本田真凜(17)=JAL=が自己ベストの65・37点で4位につけた。平昌五輪銀メダリストのエフゲニア・メドベージェワ(ロシア)は67・55点で3位につけた。

 2週間前のNHK杯で日本選手初のGP初出場初優勝を飾った紀平。注目を集める中で迎えたSPだったが、さすがに力が入ったが、冒頭のトリプルアクセルが1回転半に。規定を満たせず、0点となった。それでもその後のジャンプはしっかりと決め、SP「月の光」の世界を情感タップリに表現。首位と0・31点差の2位につけた。

 4位以内ならGPファイナル進出が決まるが、狙うは当然頂点。フリーはトリプルアクセル2本を組み込む破壊力抜群の構成。NHK杯はSP5位からの逆転Vだった。「フリーはしっかり切り替えて頑張りたい」。“宝刀”の輝きが再び逆転劇を生むか。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      スポーツ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(スポーツ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス