文字サイズ

阿部一二三を破った丸山“ヒール役”で燃えた「見てろよと」

 「柔道・グランドスラム大阪大会」(23日、丸善インテックアリーナ大阪)

 男子66キロ級決勝で、アジア大会2位の丸山城志郎(25)=ミキハウス=が、世界選手権2連覇中の阿部一二三(21)=日体大=を延長戦の末、5分3秒、ともえ投げによる技ありで下して優勝した。

 いぶし銀が底力を発揮した。丸山は得意の内股や大外刈りを仕掛けながら阿部の攻撃的な柔道の芽を刈り、相手が前のめりになったところで「狙ってなかったけどとっさに出た」という、ともえ投げを敢行。阿部も必死に腹ばい姿勢に逃げようとしたが、ゴールデンスコア方式の延長戦での技ありで勝負を決めた。

 試合直前には阿部の妹である詩(兵庫・夙川学院高)が女子52キロ級を制したばかりで、きょうだいVを期待していた会場からは悲鳴のような声も響いた。「完全に会場が“阿部ワールド”だったけど、それで逆に燃えました。見てろよって(笑)」。ヒール役として奮起した丸山が意地を見せつける結果となった。

 リオ五輪以降、この階級は阿部の独走状態が続いていたが、東京五輪に向けた「1強時代」に一石を投じた。依然阿部の背中は遠いものの、丸山は「(勝って)ホッとした。ここがスタート。これから全部の大会で勝って代表を近づけたい」と追走を誓った。

 日本男子の井上康生監督は「丸山は背水で戦って、見応えのあるレベルの高い試合だった。強烈に意地を持って戦った結果かなと。阿部の敗戦というより、(丸山の)気持ちが前面に出たことがよかった」と、エースに対する対抗馬の出現をプラスに捉えていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      スポーツ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(スポーツ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス