文字サイズ

十両復帰の豊ノ島が9勝目、給料入り妻から「ありがとう」の電話

 豊ノ島(右)に押し倒しで敗れる照強
1枚拡大

 「大相撲九州場所・13日目」(23日、福岡国際センター)

 元関脇で13場所ぶりに十両復帰した豊ノ島(35)=時津風=が照強(伊勢ケ浜)を押し倒して9勝目(4敗)を挙げた。踏み込んでから圧力をかけて両差しは浅かったが、構わず出て決めた。前日は石浦(宮城野)に完敗し「小兵は下手だなあ」と悔しがったが「1日で攻略です」と胸を張った。

 トップの3敗は1差で優勝圏内。「優勝は結果としてついてくる。意識したらいけない」と一日一番に集中する。

 09年11月24日は沙帆夫人との交際記念日。「勝ち越したら付き合ってあげる」と言われ、9年前の九州場所10日目に勝ち越しを決めた日だった。同場所では11勝4敗まで伸ばし、技能賞も獲得した。

 愛する夫人からは前日電話があり「給料が入っていました。ありがとう」と電話があった。幕下生活2年間は無給。「買いたいものも我慢させて苦労をかけた。男として家族として仕事できた。うれしい」と感無量だった。十両優勝し夫人に賞金で恩返しかと問われると、「全額渡します。いや、いや、いや、また意識してしまう」と必死に優勝を意識しないようにした。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス