文字サイズ

60キロ級で全日本挑戦の高藤直寿は初戦敗退「勘違いで終わった」

石内に豪快に投げられる高藤=日本武道館(撮影・出月俊成)
長身の石内に果敢に挑む高藤(左)=日本武道館(撮影・出月俊成)
石内(左)に攻め込まれる高藤(右)=日本武道館(撮影・出月俊成)
3枚3枚

 「柔道・全日本選手権」(29日、日本武道館)

 体重無差別で行われ、60キロ級から異例の初挑戦を果たした世界選手権金メダリストの高藤直寿(24)=パーク24=は、初戦の2回戦で100キロ級の石内裕貴(25)=旭化成=に3分3秒、上四方固めで一本負けした。

 身長差は23センチ、体重差は約40キロ。相手と比べると子供のような高藤が憧れの日本武道館の畳に上がると、序盤戦最大の拍手が湧き起こった。

 ただ、“誤算”は開始20秒過ぎに起こった。高藤は隅返しに近い変型の捨て身技を繰り出したが、主審から掛け逃げの指導を食らった。場内はどよめき、高藤も困惑の表情。その後指導が累積して不利な戦況となっただけに、試合後は「審判があの技を知らなかった。もっと海外の試合を見てほしい。あれで指導を取られたら軽量級の選手は戦えない」と改善を訴えた。

 最後は密着戦を狙ったがパワーでねじ伏せられ、上四方固めでガッチリ押さえ込まれて力尽きた。それでも最後まで正々堂々と戦い抜き、内股すかしで相手の体を浮かせるなど見せ場はつくった。「(相手が)強かった。思い描いてきた風景だったが、勝ちたかった」と悔しさをにじませつつ、「地力はついたと思う。60キロ級での戦いにもプラスになる」とうなずいた。

 全日本出場は五輪金メダルと並ぶ夢だった。軽量級では、74年大会に63キロ級世界王者の南喜陽、05、09年大会には66キロ級五輪王者の内柴正人らが挑戦しているが、いずれも初戦で敗れていたが、高藤も勝利を挙げることはできなかった。

 試合前、同じく73キロ級から初挑戦した橋本壮市(パーク24)と「ここまで来たら自分が強いと勘違いしよう」と言い聞かせて緊張をほぐしたが、「勘違いで終わってしまった」と苦笑い。「もっと強くなって、五輪王者になってもう一度挑戦したい」と、2020年後のリベンジを誓った。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス