文字サイズ

川内優輝、疲労困憊14位 プロ転向表明後初戦 ボストンVから中5日の強行軍で

ぎふ清流ハーフで14位に終わった川内優輝=長良川競技場
1枚拡大

 「ぎふ清流ハーフマラソン」(22日、長良川競技場発着)

 来年4月からのプロランナー転向を表明した“最強市民ランナー”川内優輝(31)=埼玉県庁=は、日本人31年ぶりの優勝を飾ったボストンマラソンから中5日で出場し、1時間4分35秒で日本人5番手の14位だった。

 ボストンでの劇的Vから帰国後は電撃的なプロ宣言で慌ただしい日々を過ごした川内。「練習も疲労回復もまったくできてない」と話したように、序盤から先頭集団から離れ、第3集団でレースを進めた。それでも沿道からの声援に応え、終盤は粘りの走りを披露。日本人5番手だったが、今夏のジャカルタアジア大会代表の園田隼(黒崎播磨)には競り勝ち、意地を見せた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス