文字サイズ

貴乃花親方の「解雇」要求も…佐川氏ばり答弁に親方衆から不満続々

 日本相撲協会の貴乃花親方(45)=元横綱=が28日、エディオンアリーナ大阪で全親方対象の臨時年寄総会に出席し、協会に反発する言動に疑問を持つ親方衆から「解雇」を求められるなど厳しい要求を突き付けられた。内閣府への告発状をこの日、取り下げたことを報告し、謝罪を続けたものの、質疑に満足に回答しない姿に親方衆は不満を募らせた。理事会では新職務分担も決まり、役員待遇委員から1階級下の委員に降格。平の審判員に就任と、元審判部長に対し異例の“懲罰”となった。29日の理事会ではさらに2階級下、平年寄への降格処分となる見込みだ。

 約100人の親方を前に、みそぎにはほど遠い貴乃花親方の答弁だった。六つの一門の親方衆の代表者が次々と問いただした。元横綱日馬富士の暴行事件で協会見解との相違、無断でテレビ出演して協会を批判、内閣府への告発状の提出、春場所初日から欠勤問題…。

 二所ノ関一門を代表した高田川親方(元関脇安芸乃島)によれば契約解除となる解雇を求める声も挙がっていた。「7項目で違反している。俺なら7回クビ」と、怒りを持って質問に立った。

 「真摯(しんし)に答えるつもり」としていた貴乃花親方。しかし、親方衆から次々飛ぶ不満に対する答えはだいたい4フレーズに終始した。「反省しています」「間違っていました」「協会に迷惑をかけた」「心を入れ替えゼロから出直す」。お決まりの「一兵卒」は口にはしなかった。

 1時間超、真実を語ったとは言えない。年寄会の錦戸親方(元関脇水戸泉)は「物足りない。意外というか予想通りの答え」と苦笑い。あるベテラン親方は「国会答弁と一緒。何を聞かれても『すいません』。そう簡単に(性格は)変わるもんじゃない」と、前日、国会で証人喚問された佐川宣寿・前国税庁長官に例えた。不信感を増した親方の中には「何年かしたら、またやりかねない。残るものを作った方がいい」と、誓約書を書かせる提案もあった。

 同親方は告発状の取り下げを報告。その後、会見で「自身が間違っていたのか?」と問われると「微力ながら協会の一員としてやっていくと」とはぐらかした。広報部長に就任した新理事の芝田山親方(元横綱大乃国)は「質問に答えていない。『間違った』と言っていないよ」と吐き捨てた。

 一方で謝罪を受け入れ、出直しを見守るという声もあった。29日の理事会に六つの一門がそれぞれまとめた意見を挙げ、処分を委ねる。

 職務分担では委員に降格し、平の審判員となった。10年に38歳の若さで審判部トップの部長を務めた平成の大横綱にとっては屈辱だ。29日にはさらに2階級下、平年寄に降格する見通し。1月4日まで協会No.3の理事が5階級降格と前代未聞の失脚となる。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      スポーツ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(スポーツ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス