文字サイズ

世界卓球代表に15歳の“ポストみうみま” 中学3年・長崎美柚を大抜てき 

 日本卓球協会は10日、都内で理事会を開催し、4月29日開幕の世界選手権団体戦(スウェーデン)に出場する日本代表を決定。女子では中学3年の15歳、長崎美柚(みゆう)=エリートアカデミー=を強化本部推薦で大抜てきした。

 長崎は現在世界ランク128位だが、1月の全日本ジュニア選手権を制覇。さらに、昨年の世界ジュニア選手権では前年女王の石シュンヤオ(中国)を倒すなど、女子代表の馬場美香監督から将来性を評価されて初代表に推薦された。

 会見した宮崎義仁強化本部長は「(長崎は)最近急成長していて、17歳トリオ(伊藤、平野、早田)の次の世代を引っ張るのではないかと大きな期待を持って承認した」と説明。プレーについても「現時点で、日本選手では間違いなく1番ボールの威力がある。(攻撃的なバックハンド技術の)チキータも1番うまくて威力もあり、最新技術を身につけている。フィジカルも強い。日本人離れした選手」と期待を込めた。

 ◆世界選手権団体戦日本代表メンバー

〈男子〉

丹羽孝希(23)=スヴェンソン=4回目

松平健太(26)=木下グループ)=4回目

張本智和(14)=エリートアカデミー=初出場

水谷 隼(28)=木下グループ=7回目

大島祐哉(24)=木下グループ=2回目

〈女子〉

石川佳純(25)=全農=6回目

伊藤美誠(17)=スターツ=2回目

平野美宇(17)=エリートアカデミー=初出場

早田ひな(17)=日本生命=初出場

長崎美柚(15)=エリートアカデミー=初出場

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      スポーツ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(スポーツ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス