文字サイズ

羽生 弓道やりたい!?他種目への挑戦問われ「名前に弓という字が入っているので」

 他競技の選手たちと一緒に、人間いすに挑戦する羽生結弦(中央)と宇野昌磨(左から3人目)
1枚拡大

 日本オリンピック委員会(JOC)は28日、18年平昌冬季五輪へ向け、日本代表候補選手らを対象に連帯感の向上やコンプライアンス(法令順守)の徹底を目的とした研修会を都内で開き、フィギュアスケートの羽生結弦(22)=ANA=やスピードスケート女子の小平奈緒(30)=相沢病院、スキージャンプの高梨沙羅(20)=クラレ=ら約260人が参加した。羽生は名前にも入る「弓」のつく弓道に興味があると明かした。

 平昌五輪“日本代表選手”としての第一歩を笑顔で刻んだ。他種目の選手とレクリエーションなどで交流した羽生は「初めて会う選手やスタッフもいて、いろんな方と交流できて良かった。新たな刺激を頂いた」と充実の表情を浮かべた。

 たたいた手拍子の数と同じ人数でグループを作るゲームでは、羽生が最後に残ってしまい、マイクを持って一言。「橋本(聖子)会長は東京へタスキをつないでほしいと言いましたが、僕らは僕らです。(まずは)平昌五輪へ、しっかり(タスキを)取りましょう!!」と力強く宣言した。

 終始笑顔で研修を終え「スケートの技術どうこうではなく、楽しかった」と羽生。もし他種目に挑戦するならと問われると「夏種目でもいいなら、アーチェリーや弓道がやりたい」と話した。

 「一つに懸ける思い、一つの的に集中を研ぎ澄ます感覚は勉強になると思う」と説明。「名前の中に『弦』、漢字の偏には『弓』という字が入っているので」と、弓道との“縁”を語った。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス