文字サイズ

羽生結弦、休みは基本ゲーム漬け

「チョコびらき」イベントで笑顔の(左から)松井愛莉、土屋太鳳、広瀬すず、羽生結弦=東京・品川インターシティホール(撮影・田村亮介)
1枚拡大

 フィギュアスケート男子のソチ五輪金メダリスト羽生結弦(20)=ANA=が27日、都内でCMキャラクターを務める「ロッテ ガーナ」のチョコびらきセレモニー2015に出席し、女優の土屋太鳳、松井愛莉、広瀬すずとともに“カカオ玉”を割ってチョコの季節到来を宣言した。

 赤いスーツ姿で登場した羽生は「女性陣3人に囲まれて、男性陣は1人で心細いですけど」と笑顔を浮かべながら、トークセッションでは女優3人に「僕も表現する中で役に入ることがあるんですけど、気をつけていることはありますか?」と質問した。

 これに対して広瀬は「今度、17歳の一時期を演じるんですが、役作りとして作品にないところの役作り、生まれてから17年間の物語をイメージしてノートに書き留めています」、また土屋は「役として生きる。心から役の人生を演じる」と答え、羽生は真剣に頷いていた。

 逆に女優陣から「休みの日は何をしてるんですか?」と質問され、羽生は「基本ゲームです。携帯ゲーム。たぶん普通の大学生よりゲームしてる感じがする」と、意外なプライベートを明かした。

 さらに「秘密」をテーマにした場面では、耳を動かせるという“秘技”を披露。「小学生の時に先生の話を真剣に聞いていたら、『お前、耳が動いてるぞ』と言われて気づいた」と、得意げに笑った。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス