文字サイズ

山中伸弥所長「治せなくてごめん」平尾氏の治療にも携わっていた

 ラグビー日本代表の主将、監督を務め、昨年10月20日に胆管細胞がんのため53歳で亡くなった平尾誠二氏をしのぶ「感謝の集い」が10日、神戸市内で行われた。約800人が参加した式典には、全国高校ラグビー大会を制した京都・伏見工時代の恩師、山口良治氏(74)=現伏見工・京都工学院ラグビー部総監督=や、日本ラグビー協会の森喜朗名誉会長(79)らが参加。サッカー元日本代表監督で、日本サッカー協会副会長の岡田武史氏(60)や、京都大iPS細胞研究所の山中伸弥所長(54)ら、生前に親交があった多くの著名人も集まり、故人をしのんだ。

 治療にも携わった山中伸弥所長は「君を治せなくて本当にごめんなさい。いつかまた会えると信じています」としのんだ。平尾氏と同学年で、学生時代、ラグビーに打ちこんだこともあって意気投合し、食事、ゴルフをともにする良き友人だった。 平尾氏が余命宣告を受けたときは号泣したといい、死去する前日も病室で話をしたという。「まだまだですわ」が、平尾氏との最後の会話だったという。

 さまざまな治療法を試したといい、世界で例がなく、どんな副作用が起きるか分からないような治療を提案した際には「パッと顔が明るくなって、世界初だぞって」と興奮していた話を披露。「君は最後の瞬間まで本当に格好よかった」と話した。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス