文字サイズ

女子ラグビーリオ五輪切符を獲得!

 リオ五輪出場を決め大喜びするキャプテンの中村(中央)らサクラセブンズ
1枚拡大

 「女子ラグビー7人制・リオ五輪アジア予選、日本14-7カザフスタン」(29日、秩父宮ラグビー場)

 女子日本代表が、決勝でカザフスタンに14-7で勝ち、既に出場権を獲得している男子に続いて五輪出場を決めた。日本大会の1次リーグを4勝1敗で通過した日本は後半、7-7からチーム最年少の19歳、小出深冬(みふゆ)=アルカス熊谷=が決勝トライを挙げた。アジア予選の香港大会(7、8日)に続いて1位となり、総合成績でトップとなった。

 女子ラグビーの新たな歴史を切り開いた。体格やパワーで劣るサクラセブンズが、ひたすら走り抜き、低く体をぶつけ、アジアの頂点に立った。リオ行きを決め、胴上げで3回舞った浅見敬子ヘッドコーチ(HC)は「こっちの方が、少しでも前に出て、ボールを放さないという執念が強かった」と勝利をかみしめた。

 19歳が大一番でチームを救った。相手を面白いように抜くことから「勇者モード」と称される小出が、同点で迎えた後半7分、「ボールを持った瞬間(トライできる)スペースが見えて、内側にステップを切ればいけると思った」と、3、4人をかわして決勝トライ。「お願い!!決めて」とパスを出した大黒田も「“勇者モード”が入ったなと思った」と頼もしく見つめた。

 引き分け以上で五輪が決まる1次リーグのカザフスタン戦は5-7で逆転負けした。それでも、主将の中村には絶対に負けない自信があった。「持久力ならこっちが上。10分ハーフの決勝なら勝てる」。4年前にバスケットボールから転向し、「毎日、ヘッドコーチに殺されると思った」と言うくらい走らされた日々が頭を駆け巡った。

 仲間から贈られた寄せ書きで、元日本代表の伊藤絵美からのメッセージを試合前に読んだ。「エディーさん、ごめんなさい。一番走ってきたのは私たちです」。W杯で南アフリカから歴史的勝利を挙げた15人制男子代表にも負けない練習を思い出し、「その通りだな」と自信を深め、決戦のピッチで最後まで駆け回った。

 歓喜に浸る間もなく、すぐに世界トップが集うワールドシリーズのドバイ大会に出発する。中村は「5年前は『今からでも日本代表になれる』と紹介された。でも今は、女子代表は強いんだ、と五輪の金メダルで証明したい。また、世界と戦えるように一から鍛え直す」と決意表明。満開の桜は来夏、リオで咲かせる。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス