文字サイズ

鯉、広陵・中村は“清宮級”の高評価「地元から久々に出てきた」

 プロ野球志望届にサインする広陵・中村
1枚拡大

 今夏の甲子園大会で1大会個人最多記録を更新する6本塁打を放った広陵・中村奨成捕手(3年)が29日、広島市の同校で会見し、高野連に提出するプロ志望届に署名した。同日、日本高野連のホームページの提出者一覧に掲載された。

 広陵・中村のプロ志望届提出を受けて、広島の球団幹部はこの日、「地元から久々に出てきた、レベルの高い選手。(評価は)変わりない」と話した。球団では早実・清宮とともに、高校No.1捕手の中村も今秋のドラフト1位候補としてリストアップしている。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    カープ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス