文字サイズ

広島・マクブルーム、5日阪神戦から昇格 7・20コロナ感染も1日から練習再開

 「DeNA(降雨ノーゲーム)広島」(4日、横浜スタジアム)

 広島のライアン・マクブルーム内野手(30)が、5日の阪神戦(マツダ)から1軍に復帰する。4日のDeNA戦が降雨ノーゲームとなった後、佐々岡監督が「その予定です。今週から動き始めていて、しっかりと動けているという報告を受けているので、明日、練習を見てから」と話したもの。

 マクブルームは7月20日に新型コロナウイルスの陽性判定を受けて療養。1日から練習を再開し、阪神戦からの復帰を目指していた。チームは後半戦勝ちなしの6連敗中と、どん底の状態。特に4番が離脱してからは、3勝6敗と大きく負け越していた。

 まずは代打からの復帰が予想されるが、ここまで87試合に出場し、打率は・279ながら、12本塁打、52打点はチームトップ。ベンチに控えるだけでも、心強いはずだ。

 また、下半身のコンディショニング不良で、6月5日から抹消中の西川は、5日のウエスタン・中日戦(ナゴヤ)にも帯同予定となった。この日は福山市民球場で行われた福山ローズファイターズとの親善交流試合に途中出場。2ランを放つなど、打撃での健在ぶりを披露した。

 順調なら9日のヤクルト3連戦(マツダ)から、2人がスタメンに名を連ねる可能性が高い。そこまでなんとか踏ん張りたい。

関連ニュース

編集者のオススメ記事

広島カープ最新ニュース

もっとみる

スコア速報

主要ニュース

ランキング(野球)

話題の写真ランキング

写真

デイリーおすすめアイテム

リアルタイムランキング

注目トピックス