文字サイズ

ぽっちゃり女優が非業の死 昨年12月に感染症患い5月入院、数日後に心拍停止

 女優のコンチャータ・フェレルが死去した。77歳だった。人気コメディ番組「チャーリー・シーンのハーパー★ボーイズ」の家政婦バルタ役で知られるコンチャータは12日、カリフォルニア州シャーマン・オークスの病院で、心拍停止による合併症のため家族に囲まれながら息を引き取ったとデッドラインは伝えている。

 コンチャータは、キャリアを通し3度エミー賞にノミネートされており、チャーリー・シーンと共演した同番組では、コメディ部門助演女優賞の候補に2度挙がっていた。

 今回の訃報を受けて、同番組の共演者達がソーシャルメディアに追悼の言葉を寄せている。チャーリーは「非常に優しく、完璧なプロ、真の友人でした。ショッキングで辛い喪失です。バルタ、あなたの家事には少し疑問がありましたが、あなたの人の扱いは完璧でした」と綴り、またジョン・クライヤーは「彼女は美しい人間でした。バルタのぶっきらぼうな印象は作家が作り上げたものです。コンチャータの温かさと弱さは彼女の真の強さでした。会えなくなって寂しくなるこの女性を思い、涙を流しています。彼女は多くの人に喜びをもたらしました」と故人を偲んでいる。

 コンチャータは昨年12月に患った感染症に関連した症状により今年5月に入院、当時のTMZの報道によれば、その数日後に心拍停止となり、1カ月間以上集中治療室で治療を受けた後、長期的な治療施設に移ったと言われていた。(BANG Media International/デイリースポーツ)

関連ニュース

編集者のオススメ記事

海外スターバックナンバー最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング(芸能)

話題の写真ランキング

デイリーおすすめアイテム

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス