文字サイズ

広島・栗林が“森下超え”2年目球団史上最高額 3700万増、5300万円でサイン

大幅増で契約を更改し笑顔で会見する栗林
大幅増で契約を更改し会見する栗林
大幅増で契約を更改し、笑顔を見せる栗林
3枚

 広島・栗林良吏投手(25)が30日、マツダスタジアムで契約更改交渉を行い、今季1600万円から3700万増の年俸5300万円でサインした(金額は推定)。球団の新人2年目の年俸としては森下暢仁投手(24)の4300万円を超える球団史上最高額となった。

 会見の冒頭、栗林は「しっかり評価していただきましたし、自分自身も1年間戦えた」と振り返り、球団からは「シーズンでしっかり戦ってもらったことと、守護神としてセーブ機会で失敗しなかったことを評価してもらった。あとは新人のセーブ記録や、いろいろ記録を残せたことを(評価してもらった)」とうなずいた。

 開幕2戦目の3月27日・中日戦でプロ初セーブを挙げると、デビューから22試合連続無失点でドラフト制以降の新人プロ野球記録を更新。球団新人新記録の26セーブも達成し、最終的には37セーブで15年・山崎(DeNA)が持つ新人最多セーブのプロ野球記録に並んだ。

 8月には東京五輪に出場して、侍ジャパンの一員として金メダル獲得に貢献。後半戦も勢いは止まらず、20試合連続セーブを樹立。09年・岩瀬(中日)に並ぶ、歴代2位タイの偉業も達成。チームを支えた守護神が、大幅アップを勝ち取った。

 オフは「家族との時間を大事にしたい」とリフレッシュしながら来季に備える。「来シーズン、コロナが落ち着けば、満員の舞台で今シーズン同様の成績を残せるようにしたいです」と2年目の来季へ視線を向けた。

関連ニュース

編集者のオススメ記事

広島カープ最新ニュース

もっとみる

スコア速報

主要ニュース

ランキング(野球)

話題の写真ランキング

写真

デイリーおすすめアイテム

リアルタイムランキング

注目トピックス