文字サイズ

広島・佐々岡監督 一挙7失点の床田に「連打でビッグイニングになってしまうのが悪いところ」

 戦況を見守る佐々岡監督(撮影・立川洋一郎)
 3回、中前へ適時打を放つ菊池涼(撮影・立川洋一郎)
 8回、猛打賞となる二塁打を放つ宇草(撮影・立川洋一郎)
3枚

 「広島3-9DeNA」(13日、マツダスタジアム)

 広島がDeNAに大敗し、連勝は6でストップ。今季初の7連勝を逃した。

 先発・床田が五回に乱調、今季ワーストの7失点。五回表は打者12人の猛攻で一挙7点を失い、六回は佐野と牧の2者連続本塁打でリードを広げられた。

 打線は三回、小園の適時三塁打などで幸先良く3点を先制したが、その後は好機をつくりながらも追加点を奪えなかった。試合後、佐々岡監督の主な一問一答は以下の通り。

 -四回まで好投の床田が五回に崩れた。

 「それまで低めに丁寧に投げていたけど、力が入ったというか。あれだけ連打でビッグイニングになってしまうのが床田の悪いところでもある。最少失点にできれば、勝てる投手になっていくんですけどね」

 -いい形で連勝していた。

 「足絡み(エンドラン)で3点先制して、雰囲気が良かった中でね。やっぱり四回。(1死二、三塁で小園、西川が連続三振に倒れての無得点に)あそこで止まったのが嫌な流れになった。1点でも取っておけばというのはある」

 -残り10試合。

 「連勝してきてチームの状態は悪くない。しっかりと、あしたに集中して、切り替えて」

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    広島カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス