文字サイズ

広島 小園や林が好守連発 石原慶幸氏「全員で守って試合の流れを引き寄せた」

 「広島6-2巨人」(8日、マツダスタジアム)

 広島が逆転勝ち。二回に安部の2点打で同点に追いつくと、五回には坂倉の勝ち越し2点打などで4点を挙げた。デイリースポーツ評論家の石原慶幸氏は「広島の堅い守りが試合の流れを引き寄せた」と語り、小園や林らの好守をたたえた。

  ◇ ◇

 両軍の先発投手とも立ち上がりから少し不安定な投球で、どちらに転んでもおかしくない展開だったが、広島が選手全員でしっかりと守ることで試合の流れを引き寄せた。

 中でも若い三遊間が素晴らしいプレーを見せた。小園は二回、ピンチで若林の三遊間への打球を好捕し、矢のような一塁送球でアウトにした。林も四回、六回といずれも中島の三塁線への強烈な打球を横っ飛びで好捕。取った後も慌てることなく、一塁にいい球を投げることができた。

 小園は入団時から守備に課題があると言われてきたが、今季1軍でプレーする中で格段に上達した。ワンプレー、ワンプレーに対する重みを感じながらしっかりと集中して守れている。

 林も今季初めて1軍でプレーし、まだまだいろんなことを勉強していかなくてはいけないが、そういう中でも必死さに加えて、予測と準備ができているからこそ、あのようなプレーができた。

 2人に限らず、この日の広島は随所に素晴らしい守りが見られた。初回、鈴木誠の右翼から本塁へのダイレクト送球で追加点を阻んだプレーもそうだし、六回は大城の一、二塁間への打球を一塁・坂倉が横っ飛びで止め、転がった打球を二塁・安部が素早く拾って一塁送球。野手が打球をはじいた瞬間に止まってしまう投手も多いが、大瀬良も最後まできちんと一塁のベースカバーに走って間一髪でアウトにした。五回の集中打による勝ち越しも見事だったが、それ以上に全員でしっかりと守り切ったことが大きな勝因といえる。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    広島カープ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス