広島・菊池涼 乱戦にケリV2点打で挽回 七回に悪送球「塹江を助けてあげたいと」

 9回、勝ち越し2点打を放つ菊池涼(撮影・高石航平)
 9回、同点となる2点打を放つ鈴木誠(撮影・高石航平)
 9回、中前打を放つ西川(撮影・高石航平)
3枚

 「DeNA8-10広島」(26日、横浜スタジアム)

 西川だ!キクだ!誠也だ!広島が終盤に猛攻を見せ、横浜最終戦を劇的な逆転勝利で飾った。DeNAに今季初の同一カード3連勝で5位に浮上。再び試合をひっくり返した野手陣に佐々岡監督は「相手も守護神。本当にみんな最後まで諦めない姿勢を見せてくれた。いい仕事をしてくれた」とたたえた。

 2点差の九回。1死から代打・松山が右前打。敵失と西川のこの日、4安打目となる中前打で満塁とすると鈴木誠が同点の中前2点適時打。なお満塁から菊池涼が山崎のツーシームを左前に運び、勝ち越しの2点適時打。「あそこで打つしかないと思った」。執念の一打で両軍計28安打の乱打戦を制した。

 五回には左翼席に自己最多の15号ソロをマークした菊池涼。しかし「攻めたんですが、逆にああいう形になってプレッシャーをかけてしまった」。七回無死一、二塁。佐野の二ゴロを二塁へ悪送球。ピンチを拡大すると塹江が一時逆転の満塁本塁打を浴びた。

 「塹江を助けてあげたいと思った。挽回するチャンスをみんなが与えてくれた。気持ちだけで打った」。燃える思いをバットに乗せた決勝打だった。

 残りは24試合。頼もしい主力たちのバットで、一つでも上の順位を目指していく。

野球スコア速報

関連ニュース

編集者のオススメ記事

広島カープ最新ニュース

もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス