文字サイズ

広島・鈴木誠 菅野から今季5戦5発「ホームランになって良かった」

2回裏広島無死、左翼スタンドへ同点ソロを放つ広島・鈴木誠也=マツダスタジアム(撮影・立川洋一郎)
 8回、一邪飛に倒れ悔しがる鈴木誠(撮影・飯室逸平)
2枚

 「広島1-2巨人」(12日、マツダスタジアム)

 広島の鈴木誠也外野手(27)が菅野から9日の中日戦以来、3試合ぶりとなる28号ソロを放った。

 二回無死。2ストライクから直球を豪快にすくい上げ、打球は左翼ポール際の防球ネットを直撃する特大弾となった。「ホームランになって良かったです」と話した。

 これで右腕からは今季5戦5発。14打数7安打、打率・500とエースを攻略している。佐々岡監督は「あの一発は、うまい打ち方というか、すばらしい打ち方だと思う」とたたえた。

 八回1死一、二塁の一打同点の場面で一邪飛に倒れ、「最後の打席がだめなので」と笑顔はなかった主砲だが、18年に記録した自己最多の30本塁打まであと2本にまで迫っており、キャリアハイ更新も射程圏に捉えている。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    広島カープ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス