文字サイズ

広島・河田ヘッド「森下に迷惑をかけている」野手陣に奮起促す

 「オリックス3-2広島」(12日、京セラドーム大阪)

 記録に残らないミスが、致命傷になった。数字の上では1点差の惜敗。しかし、取れるアウトを取れずにピンチを広げてしまった。佐々岡監督は敗戦を振り返った中で「捕ってほしい打球もあった」と守備面を指摘した。

 二回、先頭・杉本の打球は三遊間への緩いゴロ。堂林が処理するも握り損ねたのか、送球できず内野安打になった。送球していればアウトにできたかは微妙なタイミング。それでも、河田ヘッドコーチは「投げてみないと分からないけど、右打者だし。握れず投げられず、だから」と、首をひねった。

 その後、2死一塁で紅林の打球に小園が追い付くも、打球は体の下を抜けて左中間を転々(記録は二塁打)。打球に追い付いていただけに、悔やまれる場面になった。二、三塁とピンチ拡大で、森下はこの回3失点。河田ヘッドは堂林、小園のプレーに「その辺が森下に迷惑を掛けていると思う」と厳しい言葉で奮起を促した。

 攻撃は絶好機を逃した。0-3の六回、無死満塁で会沢が押し出し四球。逆転の機運は高まったが、坂倉が二ゴロ併殺に倒れた。相手の背中を捉えながらも、一気に追い越せない姿がチームの現状を映し出した。指揮官も「一気に畳み掛けるところで勢いを感じない。打線が全く機能していない」と嘆き節。チームは今季2度目の6連敗で借金は11。今はただ、光が欲しい。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    広島カープ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス