文字サイズ

広島、ミスミス今季2度目の6連敗 佐々岡監督「取ってほしい打球もあった」

2回オリックス2死満塁、広島・西川はオリックス・福田の打球に懸命にグラブを出すも捕球できず三塁打となる=京セラドーム大阪(撮影・山口登)
 2回、西川は福田の打球に懸命にグラブを出すも捕球できず三塁打となる(撮影・山口登)
2枚

 「オリックス3-2広島」(12日、京セラドーム大阪)

 広島は攻守に精彩を欠いてオリックスに連敗。2分けを挟んで今季2度目の6連敗となり、借金も今季ワーストを更新する11に膨らんだ。

 記録には残らないミスが結果的に響いた。二回、先頭・杉本の緩いゴロを堂林が処理するも、ボールを握り損ね、送球できずに内野安打。河田ヘッドコーチは「(送球できれば)そう(アウト)だと思うんだけどね。投げてみないと分からないけど、右打者だし。握れず、投げられず、だから」と指摘した。

 その後、2死一塁で紅林の打球に小園が追いつくも、打球は体の下を抜けて左中間を転々。その後2死満塁から福田の左中間への飛球を中堅・西川が猛チャージするも届かず、走者一掃の三塁打。佐々岡監督は「取ってほしい打球もあった。(福田の打球は)いいところに落とされた」と振り返った。

 打線は0-3の六回、無死満塁で会沢が押し出し四球。逆転のムードが高まった中、続く坂倉が二ゴロ併殺。その間に1点差に迫ったが、結局は攻めきれず、指揮官は「今は流れが悪い。六回も、一気にたたみ掛けるというところで勢いを感じない」と元気のない打線を嘆いた。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    広島カープ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス