文字サイズ

広島が交流戦初黒星 5投手12四死球に佐々岡監督「12個ではどうにもならんよね」

 「ロッテ7-3広島」(29日、ZOZOマリンスタジアム)

 広島は終盤に投手陣が踏ん張れず、交流戦初黒星を喫した。3-4の八回に4番手・コルニエルがエチェバリアに3ランを浴び、試合を決められた。佐々岡監督は「1点差なのでコルニエルを投入したんだけど、(本塁打の前の)四球がね…」とピンチを招く要因となった2四球を指摘した。

 この日は5投手で計12四死球。相手の攻撃が三者凡退で終わったのは初回だけだった。指揮官は「12個では、どうにもならんよね。四球絡みで、なかなかこっちのリズムに持って来られないというのがあった」と、投手陣に反省を促した。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    広島カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス