文字サイズ

ドキドキ初登板 広島ドラ2・森浦、2死から3四死球で満塁…何とか切り抜ける

 7回表にプロ初登板し、1イニングを無失点に抑えた森浦(撮影・立川洋一郎)
 7回表にプロ初登板し、1イニングを無失点に抑えた森浦(撮影・立川洋一郎)
2枚

 「広島-中日」(27日、マツダスタジアム)

 広島のドラフト2位・森浦大輔投手(22)=天理大=がプロ初登板を果たした。

 4-1の七回に2番手で登板。先頭の平田を右飛、京田を直球で詰まらせ、投ゴロ。簡単に2アウトを取るもここから試練が始まった。

 緊張も影響してか突如制球が乱れ、続く木下拓にストレートの四球、根尾を追い込むも死球で歩かせた。代打・井領にも四球を与え、満塁のピンチを背負った。

 しかし、最後は大島を二ゴロに打ち取り、無失点で切り抜けた。

 ドキドキのプロ初登板となった左腕はほっとした表情を浮かべてマウンドを降りた。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    広島カープ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス