文字サイズ

広島・河田ヘッドが指令!“タナキク”復活を「1、2番に座ってくれればベスト」

 「広島春季キャンプ」(1日、沖縄)

 広島・河田雄祐ヘッドコーチ(53)が、田中広、菊池涼に“タナキク”コンビ復活指令を出した。「彼らが1、2番に座ってくれればベスト。僕はそう思う。広輔(田中)は体が本格的にできてきたら、もう1回走り方とかムチを打たないと」と奮起を促した。

 個別練習では両者を室内練習場に連れ出した。打撃マシンを相手に、5球交代でバントやバスター、進塁打などのサインを出し、ケース打撃を再確認させた。「彼ら2人にはまだまだ中心として働いてほしい。全てに対して見本になって、ベンチはどういう気持ちでサインを出すのかというところを、改めて分かってほしかった」と意図を説明した。

 期待と信頼があるからこそ、求めるレベルも高くなる。「1日1回はチーム打撃を考えて練習しろと話した」と2人には自己犠牲をいとわないプレーを求める。田中広は「いいものはいい、悪いものは悪いと言ってくれる。レギュラー陣がワンランク、ツーランク上がることがいい方につながる」と感謝した。

 昨季は1番・田中広、2番・菊池涼の並びはわずか3試合だった。V奪回にはリーグ3連覇時の“タナキク”コンビの復活が不可欠。河田ヘッドは「反応は非常に良かったと思う」と個別練習の手応えを口にした。今後も熱血指導で意識改革に着手していく。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    広島カープ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス