文字サイズ

広島・鈴木誠也が球団初の5年連続3割クリア 1番出場3打数3安打で決めた

 1回、生還しナインに迎えられる鈴木誠(撮影・西岡正)
 3回、3打席連続安打で3割に到達し交代。広瀬コーチ(右)とタッチを交わす鈴木誠(撮影・西岡正)
 1回、松山に先制二塁打を浴びた奥川。左は生還した広島・鈴木誠(右)=撮影・西岡正
3枚

 「ヤクルト-広島」(10日、神宮球場)

 広島の鈴木誠也外野手(26)が3安打を放ち、球団初となる5年連続の打率3割に到達した。

 この日の試合前の打率は・295。今季、初の「1番・右翼」でスタメン出場すると初回、奥川から右中間への二塁打。二回にも左前打を放ち、打率・298とした。

 そして迎えた三回、2死一、二塁。代わった星から右翼線への適時二塁打を放ち、打率3割の大台に乗せた。「打ったのはストレート。ランナーを還すことが出来て良かったです」と話した。その後、代走・野間が送られた。表情を緩ませてベンチへ戻るとナインから祝福を受けた。

 あす、広島は中日との最終戦を残すも、記録保持のため、出場はしない見込みだ。4年連続3割以上は自身を含め、球団では山本浩二、正田耕三、前田智徳の4人だったが、見事に記録を更新し、金字塔を打ち立てた。

 なお、今季、本塁打は25本を記録。過去に5年連続3割&25発をマークしたのは王貞治、落合博満、小笠原道大の3人のみだったが、偉大なレジェンドらと肩を並べた。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    広島カープ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス