文字サイズ

広島が9度目の2ケタ失点 九里が毎回失点4回KO 五回1死満塁で長野、鈴木誠が三振

4回を投げて6失点、ぼう然とベンチに戻る九里(撮影・金田祐二)
3枚

 「巨人10-3広島」(21日、東京ドーム)

 広島が今季9度目の2ケタ失点で連敗。借金10とした。

 初回、田中広の5号2ランで先制したが、先発の九里が誤算。毎回失点を喫し、4回9安打6失点でKO。5敗目を喫した。

 初回に岡本に適時打を浴びて1点差。二回には松原には同点ソロを被弾した。三回は2安打と四球で満塁のピンチを招き一ゴロの間に勝ち越し点を献上。四回は中島に一発を浴び、さらに味方の2失策も絡んで吉川尚の適時打、坂本の適時二塁打で3点を失った。

 打線は五回、3四死球で1死満塁としたが、巨人3番手・鍵谷の前に長野、鈴木誠が連続三振。好機を逸し流れを引き寄せることができなかった。

 六回を終えて7点差とリードを広げられると巨人は坂本、岡本、丸のクリーンアップを含む野手5人をベンチに下げた。余裕を見せつけられての敗戦だった。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    広島カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス