文字サイズ

広島・曽根 今季初出場で初安打&初盗塁 守備では反省点も

 5回、左前へ安打を放つ曽根。投手は藤浪(撮影・田中太一)
 5回、左前へ安打を放った曽根はすかざず二塁へ滑り込む(撮影・田中太一)
 5回、松山の適時打で生還し、ベンチのナインに笑顔を見せる曽根(撮影・立川洋一郎)
3枚

 「広島5-6阪神」(29日、マツダスタジアム)

 広島の曽根海成内野手(25)が今季初出場を果たした。五回無死一塁で代打で登場。藤浪から左前打を放ち、今季初安打を記録。無死二、三塁とチャンスを拡大させ、この回の3得点につなげた。六回には振り逃げで出塁すると二盗も決めた。

 だが、二塁守備では七回無死一塁でサンズの遊ゴロに対して併殺狙った際、二塁から一塁へ悪送球。得点には直結しなかったが、山田内野守備走塁コーチは「余裕を持ち過ぎてバランスを崩していた」と指摘した。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    広島カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス