文字サイズ

広島・島内 5者連続三振!敗戦の中に希望の光 佐々岡監督は接戦での起用示唆

 「広島1-8中日」(11日、マツダスタジアム)

 広島は投打とも奮わず完敗を喫した。収穫は3番手で六回からマウンドに上がった島内颯太郎投手(23)だ。2回を投げ無安打無失点の完璧投球に加え、圧巻の5者連続三振で相手打線をねじ伏せた。直球で三振を取れる若手の中継ぎ投手台頭は、チームにとって明るい材料。無失点投球を続け、勝ちパターン入りを目指す。

 劣勢ムードの試合展開など、伸び盛りの若武者には関係ない。自慢の速球を惜しげもなく披露し、竜打線をなで斬りにしていく姿がたくましく、尊い。真夏の本拠地で島内がまばゆいばかりの光を放った。2回を無安打無失点、5奪三振。文句なしの内容だった。

 3点ビハインドの六回から登板。先頭の郡司には全球直球勝負を挑み、最後は5球目の152キロで中飛。続く福田にはカウント1-2からフォークを振らせて空振り三振に斬った。「打者に向かって体重移動ができていて、真っすぐも変化球も同じ感覚で投げられた」と島内は納得顔だ。

 前回7日の阪神戦では「体が逃げるような体重移動になっていた」と分析し、中3日の期間を生かしてブルペンで修正。すぐさま結果につなげた。そして圧巻は2イニング目となった七回だった。

 1番・京田をフォークで空振り三振。続く根尾は151キロ直球で見逃し三振に斬ると、最後は阿部をフルカウントから149キロの真っすぐで空振り三振。5者連続の“奪三振ショー”でスタンドを沸かせた。

 右腕にとって分岐点は7月15日の巨人戦。2番手で六回から登板したが、岡本に被弾するなど2回6失点(自責点5)と苦汁を飲んだ。「もう一度、自分を引き締める試合になった」。18日のヤクルト戦からは7試合連続無失点。投げるたびに自身の株を上げている。

 練習前には30分ほど一人でストレッチに励む。1軍昇格後は8時間の睡眠を確保するなど、体調維持を心掛けている。

 ファームにいた春先は、球の回転数を数値化できるラプソードで技術向上に努めた。「どういう投げ方をすれば、こういう角度の球がいくとか、照らし合わせてできた。それが体に染みついてきている。すごく良かった」と手応えを口にした。

 佐々岡監督は「いろいろ試してみたい」と接戦時やリードした展開での起用を示唆。大盛や坂倉、この日出番がなかった羽月など、ともに寮生活を送る若手の活躍が目立っている。「感化されて結果を出したい気持ちになる。勝ちの展開でも食い込めるように」と島内。頼もしさの増す背番号43が、チームの屋台骨を支えていく。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    広島カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス